中年日記2011(追憶の仕入れ旅行) vol.5

中年日記。
 
 
えっ?あんたまだアレ続けるの。
と思われるかもしれませんが。続けるのよ。
 
オレハカクッ!!(今まで放っておいたけど)
 
 
その前に。
 
本日石垣島の友人が島から旅立って行きました。ううっ。 
よし。ここはひとつはなむけの言葉でも・・・
 
「えー。N君、Mちゃん。何処であろうと、住めば都・・・ハッハ。」
 
引っ越し先が「京都」なだけにコレは当たっとりますなー。ウィットどすなー。 
デロンギ大切にするからなー。
 
 
さて。中年日記。 
 
なんと6/21のエントリの続きからです。 
えー皆様。つまり本日は4/18です・・・ 
 
9:00過ぎ起床。
本日は大切な作業が待っとります。
 
今まで買い漁った品々を日本へ送る出荷作業の日です。 
 
配送手段としてはエアカーゴ等もありますが
未だに国際郵便のみで行っております。
 
この場合、集荷には来てくれませんので
こちらが荷物を持って郵便局まで出向きます。
 
以前はモーターサイ(バイク)でアホみたいに荷物を積んで運んだ事もあったけど 
前が見えなくて、「勘」で運転する羽目になるので、止めました。
 
チェンマイから出荷の場合、今はソンテウを運搬車として使っております。 
 
ソンテウとはこれ↓
 
ソンテウ1
 
簡単に言えば、「乗り合いタクシー」でしょうか。
ピックアップトラックの荷台を改造してベンチシートと屋根を付けた乗り物です。
見た目は若干「霊柩車」っぽい。
 
※ちなみにタイでは乗用車でもピックアップトラックがやたら多く
「TOYOTA」も多いが「ISUZU」が一番人気なのだ。多分。
 
ソンテウ2
 
こんな感じで乗り合う。
 
一応、「流す」ルートが決まっていて、例えば上の赤い車体はチェンマイ市内
白や青や黄色とか緑とか(もっとあるはず)は郊外や他県を行き来してます。
 
そういう意味では、タクシーよりバスに近いですな。
 
ソンテウ4

ぬおおーソンテウだらけ
 
チェンラーイ(もっと北部の町)では軽トラ版ソンテウも活躍してた。

ソンテウ3
 
まあなんにせよ庶民の足。料金も安い。
 
乗り方は・・・走ってるソンテウを手を挙げて止めて行き先を告げる。
 
例えば「郵便局。川沿いの。」みたいな感じで告げれば
運ちゃんが「1人20バーツ」とか答えてくれるので
金額が折り合えば荷台(シート)に乗り込む。
 
ソンテウの場合法外な金額を告げてくることはほぼナイ。
旅行者だから多少高く取られることもあるだろうけど、それもご愛嬌。
 
 
だけどトゥクトゥクの場合は気を付けましょう。
 
トゥクトゥクはこれ↓
 
2011-09-16k
 
客待ちなのか暇なのか、3~4人でニヤニヤたむろの運ちゃんに交渉すると
大概フッカケてきます。ハナからボる気満々なのです。
 
値切ろうとしても「ミスター。その金額では誰も乗せない。あり得ない。」
 
とか言ってくる場合は無視して
別の普通に「流し」ているトゥクトゥクに声を掛けてみると
あっさり「OK」だったりする。
 
トゥクトゥクは庶民の足というより、解放感や小気味良いエンジン音に誘われて
観光客が「ノリ」で利用する事が多い。それを逆手にとった運ちゃんも多い。
 
この不良め。まあ高い金額でもホイホイ乗る方も悪いがネ。 
気を付けましょう。
 
もちろん優良ドライバーもたくさんいるでしょうが・・・。

トゥクトゥク
 
↑偉そうなこと言う割にハシャぐ奴。・・・この運ちゃんは本当にいい人でした。
 
 
えー。話がどんどんずれていって全然郵便局に着かないではないか。
早くソンテウとやらに乗れ!
 
ソンテウ5
 
こんな感じで運搬中。 
 
そして無事郵便局着。 
サッサと片付けて昼飯食うぞい!と意気込んでいたのだけども
しかし、学生の職場研修かなんかをやってて異常に対応がノロい。
 
ノロいだけならまだしも
 
「こんな奴らに大事な荷物を任せて大丈夫なのか」
 
「普通に学校のジャージ着てる子だぞ」
 
と自問自答していると。。そこへ聞き覚えのあるダミ声のオヤジが登場。
 
このオヤジはいつも部下職員をデカい声で怒鳴り倒しているのだが
仕事は早い。信頼できる。

何年か前、最初に対応してくれた時
「サーフェス(船便)だと何日かかる?」って聞いたら
「10日程だな」って即答された。
「そんな早い訳ないだろ」って思ったけど、帰国したら確かにもう着いてた。
(厳密にいうと、帰国したら川崎の税関から留守電が入ってた)
 
今回もこのオヤジが居てくれたので安心して第一弾の出荷完了。
(ちゃんと有償貨物としてインボイスを作成しておりますよ)
 
※郵便局では主にカウンター内で作業をしておりますので写真はナシで。
 
 
出荷作業を終え、レンタバイクを借りに行く。
昨日のオヤジの店へ。
 
バイク屋のオヤジ
 
明日の18:00まで借りて170バーツ。約475円。
安い。250バーツ/1日とかザラなのに1.5日でこの値段。
 
オヤジ曰く「お前だから割引してやる」だって。最初覚えてなかったでしょ。 
でもありがとう。バイクはボロでも心は錦。機関も良好。
 
 
さて。次。
ソンクラーンの休暇で閉まっていた幾つかのシルバー屋も
そろそろ開いているのでバイクで回ってみる事ににする。
(ソンクラーンって何?という方は以前の中年日記を読んでね)
 
残念ながら一昨日のレートよりさらに高くなっている。2年前の2.5倍。うう。
具体的な数字は言えないけど。諸君考えてみてくれたまえ。

たった1gでも2.5倍高いのだよ。嗚呼。
 
 
気を取り直して。飯。たまには日本食が恋しいのー。
 
でも出店のこういうのはちょっと怖いのー。

屋外寿司屋

分かりにくいけど。直射日光も当たるであろう「寿司屋台」です。 
 
ささっ普通の日本食屋へ。値段は高いけどね。 
西洋人男性とタイ人女性の即席カップル(理由は想像してくれたまえ)が
なぜか刺身の舟盛りなんか食べてるお店です。ホントだよ。 
チェーン店なのに大人の社交場みたいになってる。 
 
よし。元気が出た。
 次行ってみよー。

ショップ
 
こちらもソンクラーン休暇明けの店。
帰国までに間に合ってよかった。 
 
明日ピックアップに来るからなー。
 
 
そして宿でビア。
 
 
夜。今回最後のナイトマーケットへいざ!
 
ナイトバザール
 
 
数アイテム購入!
持ちきれなくなったところで終了ー。 

 
スタッフ
 
また来まーす。
 
そう言えば。
この店主なんかもそうだけど、「仙台あたりの取引先と連絡が取れない」
という方が何名かいらっしゃいました。皆さん大変心配してました。 
 
そして 
実は今夜がチェンマイの最後の夜です。
 
今回は急に来ることになって
時間がとれなくて残念ながら明日の夜にはタイ出国のタイトスケジュール。
でも過去最短の時間内でよくガンバッタ!と自分を褒めて今日も飲むぞい!
 
 
働かざる者飲むべからず。働いたから飲む。
 
 
 
 
 
という訳で今宵も

 

 
看板
 
 
なのです。
 
 
→paipaiウェブサイトトップへ

タグ: , , , ,

コメント

  1. N&M より:

    NY摩天楼の生活はいかがですか?

    とてもお世話になったお礼に

    京都からサバ寿司を常温で送りますね。

  2. N&M より:

    追記:

    常温で大丈夫なはずよ。

  3. paipai より:

    NYではなくMYです

    帰宅時には香港の空港に着陸する気分です

    それと

    ウィークリーマンションに忘れてあった

    シーサー送ります

    チルドで